HOME > 自社専属棟梁とつくる家

自社専属棟梁とつくる家

 

 

家づくりに誇りをかけた棟梁たち

 

タイセイホームの家は地元の職人が造ります。

日本には昔から、天然の木材を使って日本建築をつくる大工の棟梁がいました。
その技術は、地方の気候や生活に合った形で棟梁から弟子へと伝えられていきます。

タイセイホームの家は、
そうした昔ながらの日本建築の技術をしっかりと受け継いだ棟梁が造っています。
棟梁たちが継承してきた高い技術は今も数々の現場で、
現在の生活に合うように工夫され、活かされているのです。

最近では住宅をビジネスとして販売することを優先している企業が多く見られ、
その中には作業場もなく、一人の大工さんも抱えていない会社が多くみられます。

タイセイホームは自社で卓越した技術を持った棟梁を
何人も抱えていることに誇りを持っています。
もちろん、下請けに出すことはありません。

数々の現場をこなしてきた熟練の棟梁達が、
現場を受け持ち、お受けした仕事はプライドを持って遂行します。

 

松岡 一仁
Kazuhito Matsuoka

 

タイセイホームの家は、オシャレでセンスのある家。大工としても勉強になります。
細かい棚や家具などが多い分、つくるのにやはり手間と時間がかかります。
でもその細かさは、お客さまと設計士の思いがこめられたもの。

ですから一つひとつ大切に、丁寧につくっていきます。

大崎 政幸
Masayuki Oosaki

 

お客さまにとって一生に一度の大切な家づくり。
だから、お客さま側も作り手側もそれぞれみんな真剣なのは当然です。
私もプロとして、建てていただいたお客さまから喜んでもらえるように、一棟一棟思いをこめてつくっていきます。

森﨑 拓人
Takuto Morisaki

 

普段はお調子者と言われ、ふざけて冗談を言って監督さんによく怒られます(笑) でも、仕事となると違います。知識や技術はまだまだかもしれませんが、これまでお世話になった親方や仲間と積み上げてきた腕には自信があります。そして、この仕事に誇りとプライドを持っています。若い大工が少なくなる中、同世代やもっと若い人たちにもこの仕事の素晴らしさを知ってもらいたいし、その姿を見せていきたいと考えています。タイセイホームの家はオーダーなのでとてもやりがいがあります。自分の持てる力をすべて使って、お客さまに喜んでもらえるように頑張ります。

中野 愛勝
Yoshikatsu Nakano

 

タイセイホームの家はお客さまの希望やこだわりが一軒一軒さまざまで、その分やりがいがあります。色んなデザイン、仕様、工法とそれぞれ違うことが、タイセイホームの家づくりの面白さの一つ。大工の腕の見せどころでもあります。そんなタイセイホームの仕事が好きで、毎日楽しみながら仕事をしています。まだまだ若いので(笑)、もっと多くの経験を積んで、いい家づくりをしていきたいと思います。

田村 広宣
Hironobu Tamura

 

20歳の頃から大工をしています。
私は、この大工の仕事が好きです。お客さまの一生に一回の家を手掛けることは、とてもやりがいがあって楽しい。家も進化していき、使う素材や工法はさまざまですが、タイセイホームの家は自分も住みたいと思える家です。
タイセイホームの家も、自分の腕にも誇りをもって、「日々修行」という気持ちを忘れず、取り組んでいきます。

古味 淳也
Junya Komi

 

少し人見知りをします(笑)
責任のある仕事なので、ついつい真剣に考えてしまって、話しかけづらい雰囲気が出てしまう時があるかもしれません…。でも、人と話すのは好きですし、この仕事でお施主さんの喜ぶ顔が見れることに、何よりのやりがいを感じています。
自分なりに精一杯、お施主さんの思いに応えられる家づくりをしていきます。

大久保 隆二
Ryuji Okubo

 

以前はハウスメーカーの大工をしていました。
ハウスメーカーの家は毎回決まっていて同じような家づくり。家に遊び心や個性もなく、ただただ決まったものを建てていくだけ。そう思っていた時に、タイセイホームに出会いました。
タイセイホームの家は一つひとつ手づくりなので、寸法も形も違っておもしろい。一棟一棟違う家をつくるのは、すごく勉強になります。もっとたくさんの家に携わらせてもらって、お客さんが満足する家を建てていきたいと思います。

曽我 和男
Kazuo Soga

 

私のこだわりは一棟一棟全力で家を建てること。
納期まで気力を持続させることはとても神経を使います。
ですが、いつもそういう気持ちでのぞむことで、達成感とその家に対しての愛情がまったく違うものになります。だから、最後まで全力を持ってつくります。

籠尾 俊
Syun Kagoo

 

タイセイホームの家は木材を多く使って手間がかかる分、丈夫な家ができます。
私も自信を持ってお届けできる家です。
これからも、自信を持てる家を建て続けていきますので、よろしくお願いします。

秋山 高志
Takashi Akiyama

 

口下手で、一見よく怖そうと言われます。ですが、気軽に話かけてもらえるとそれなりにお話しします(笑)
話は得意ではありませんが、家づくりには自信があります。
コツコツと一つ一つキレイに仕上げていき、出来上がった時の達成感は言葉になりません。
「現場をキレイに」「仕事をキレイに」をモットーに、皆さんの家づくりのお手伝いをさせてもらいます。

大代 和男
Kazuo Oodai

 

私たちは丁寧な仕事をしてお客さまに喜んでもらえるようがんばっています。
喋ることは苦手で寡黙とよく言われますが、仕事ぶりを見てもらえればきっとわかってもらえるはずです。

岩﨑 浩二
Kouji Iwasaki

 

私たち大工がお客さまのためにできることはたったひとつ。
「ひたすら想いをこめて、いい家をつくること」これが私たちの仕事です。
営業や設計みたいにカッコいいことは言えませんが、家づくりにだけはまだまだ若いものには負けません。

山崎 保
Tamotsu Yamasaki

 

高知県西部を担当しています。タイセイホームの家は西部では少ない自然素材とオーダーメイドの家。
ひとつ一つお客さまが打合せを重ねた、一生に一度のお家なので、その想いを形にできるように真心こめてつくります。

山崎 泰央
Yasuo Yamasaki

 

父親と一緒に、主に西部を担当しています。
地元でもたくさん工務店や大工がいる中、タイセイホームを選んでいただいたお客さまに「タイセイホームで良かった」と言ってもらえるよう、真剣に、時には現場に来てくれるオーナー様との会話も楽しみながら仕事に取り組んでいます。

松岡 択弥
Takuya Matsuoka

 

親父の元で修行中の身です。毎日のように怒られています。(笑)
親方や大工の先輩、そしてお客さまから、いっぱしの大工として認めてもらえるように、一つひとつの仕事を大切にがんばります。

石黒 匠
Shou Ishiguro

 

中野棟梁のもとで修行中です。父が大工で、田舎の頑固おやじのような背中を見て育ちました。
でもそのカッコ良さに魅かれ、自分も一人前の大工になろうと頑張っています。
まだまだ勉強中ですが、お客さまに喜んでもらえるよう頑張ります。

タイセイホーム

〒780-8063 高知市朝倉丙239-3テイクプラス1F

ストーリーのある本物の家

Copyright © 2017 TAISEI HOME. All rights reserved.