高知県の新築・注文住宅・自然素材の家・オーダーメイドキッチン・インテリアショップ | タイセイホーム

HOME > 未分類 > チャレンジしてきました!

チャレンジしてきました!

2015-11-07

 

 

こんばんわ。井上です。

 

 

 

かねてからお伝えしてきました100キロウォーキング。

 

 

 

ついに先週の土曜日から日曜日にかけて、

 

参加してきましたよ。

 

 

 

 

 

それは、もう。。。

 

過酷な戦いでした。

 

 

 

 

 

ちょっと長いですがお付き合いください。

 

 

 

 

 

ところで… 

 

 

今回の100キロウォーキングへの参加のきっかけは、

 

ある社長からのお誘いから始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

昨年参加して、体がボロボロになりながらも完歩。

 

その達成感はやった人にしかわからない…ほど、素晴らしい。

 

今年も、スタッフと一緒に参加するから、

 

大崎社長たちも参加してみては?…と。

 

 

 

 

 

当然、一緒に話を聞いていた自分も道連れ的に…

 

そして、タイセイホームからの有志を含め、

 

総勢5名でエントリーすることになったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、その社長たちが完歩したなら、

 

自分たちも完歩しないわけには…

 

 

 

 

 

打倒、〇〇社長!

 

 

そんなことも、視野に入れての参加となりました。

 

 

 

 

 

 

 

【30日 AM5時00分】

 

前乗りで宿泊していたロビーで、

社長、福井さん、小笠原さん、三谷さんと集合。

 

 

肉刺(まめ)できにくくなると噂のクリームを

足裏全体に塗りたくります。

 

 

 

 

 

【AM6時00分】

 

コンビニでおにぎりを買って

買い忘れていた手袋(実際は軍手…)を購入して、

フェリー乗り場に到着。

 

 

 

 

 

【AM6時30分】

 

受付を済まして、ゼッケンをもらい、

フェリーに乗り込みます。

 

 

 

 

 

【AM7時00分】

 

ウォーキング会場となる佐木島(広島県三原市)に到着し、

歩いて開会式会場(ただの砂浜ですけど)へ。

 

 

ざっと見渡して、スタッフ含めて100名程度。

 

 

 

 

その中に、一人だけ様子のおかしい人が。

 

 

 

想像以上の寒さに、皆が身震いしている中、

ジャケットにTシャツ、短パン(ひざ上20センチ程度)、

そしてビーチサンダルのおじさん。

 

 

 

 

 

何者?

 

 

 

 

 

この時点では、完全に意味不明。

 

 

 

 

とりあえず、先へ。

 

 

 

 

 

【AM7時30分】

 

いよいよ100キロ先のゴールに向けてスタート。

 

 

 

ちなみに、今回参加した100キロウォーキングの大会は、

 

会場となる佐木島を9.3周、ひたすら歩く…というもの。

 

 

 

 

スタート地点から、4キロ(0.3周)歩いたところに、

大会本部が設置され、そこから島をさらに9周歩きます。

 

 

 

 

 

1~2週目は、外周コース11.5キロ

3~9週目は、内周コース10.5キロ

 

 

 

 

 

ただ、ひたすらに、歩くのみ。

 

 

 

 

 

【0周目】

 

前述のとおり、4キロ歩いた先に大会本部が。

 

 

 

そこで、ゼッケンに書かれた通過ポイントに

 

マジックでチェックを入れてもらいます。

 

 

 

 

この時点で、残り96キロ。

 

まだまだ、序の口。

 

 

 

余裕のよっちゃんです。

 

 

 

 

 

 

【1周目】

 

練習の成果もあり、5キロ、10キロは、

 

まったくもって楽しい時間。

 

 

 

本部から3キロほどのところにあるパン屋さんが有名らしい。

 

 

 

大会に誘ってくれた社長たちとともに、

 

去年食べて美味しかったという「カレーパン」を購入。

 

 

 

 

6時におにぎり2つ食べたはずなのに、

 

楽しさあまって、カレーパン1つ完食。(8時半ごろ?)

 

 

 

 

まぁ、100キロ歩くわけですから、

 

このエネルギーは、すぐに消費されていくでしょう。

 

 

 

 

 

歩きながら、会話も弾みます。

 

 

 

 

ウォーキングの達人みたいな人が、

 

こぞって携帯している杖。

 

 

 

 

 

ウォーキングステッキと呼ばれるそれを、

 

誘ってくれた社長も持参していました。

 

 

 

 

 

私:それ、良いですね!?

 

 

〇〇社長:去年、最後のほうで借りた時に、意外に楽だったからね。

買ってきたけど、今日はじめて使うんだよね。

今のうちに、慣れておこうと思って…

最終周、つらかったら、1分100円で貸そうか??(笑)

 

 

 

 

私:ちなみに、そのステッキいくらなんですか?

 

 

〇〇社長:2000円くらい…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ここで再現しても、一つも面白くありませんが、 

 

そんな、たわいもない会話でも、

 

始まったばかりでテンションが高い自分たちは、

 

ケタケタ笑えるほど。

 

 

 

 

 

 

【2周目】

 

練習よりもゆったり目のペースで歩いたため、

 

1週目を終えて本部に戻ると、11時ごろになっていました。

 

 

 

 

休憩室で、肉刺予防のクリームを、

 

またまた補給。

 

 

 

 

もう足の裏は、ベトベトです。

 

 

 

逆に、クリーム塗りすぎで逆効果なのでは?

 

 

 

 

そんな思いもよぎりますが、肉刺だけは避けたいと、

 

とにかく塗ってやりました。

 

 

 

 

 

 

すでに昼食の用意がされていたため、

 

さきに、食事を済ませようとする人も。。。

 

 

 

 

 

ただ、残り85キロという途方もないゴールに向けて、

 

元気なうちに少しでも早く歩を進めたい大崎社長。

 

 

 

 

おにぎりとカレーパンのおかげで、

 

さほどお腹もすいていない自分。

 

 

 

 

 

 

結果として、

 

福井さん、小笠原さん、三谷さんは昼食を選択。

 

 

 

大崎社長と自分は、2週目を選択しました。

 

 

 

 

 

2週目は、すこしペースを上げます。

 

 

 

ただ、途中から若干の変化が。。。

 

 

 

練習で20キロ歩いた時と同じところ(右ひざ裏)が、

 

少しずつズキズキし始めました。

 

 

気づけば、トータル25キロくらい。

 

 

 

 

少しだけ不安を抱えながら、2週目を終えます。

 

 

 

 

 

 

【3周目】

 

2週目を終えて、大会本部で足裏クリームのお時間です。

 

靴下も、持ってきた靴下の中で一番「いいやつ」に変更。

 

 

 

ちなみに、 持参した靴下は全部で4足。

 

ウチ1足だけ、奥さんの了解を得て1500円。

 

その他、1足300円。。。

 

 

 

 

 

 

 

さてここで、腹ごしらえです。

 

 

 

 

 

 

「さぎしま御膳?」と称された、豪華なお弁当に満腹。

 

 

 

 

食べ終わると、すぐに歩き出します。

 

 

 

 

 

3週目からは、内回りコースに変更。

 

つまり、1周の距離が1キロ短いわけです。

 

 

 

 

右ひざ裏に多少の違和感はありながらも、

 

まだまだ余裕な大崎社長と自分。

 

 

 

 

 

これ、意外に簡単に完歩できちゃうんじゃないの?

 

 

「なんだか今日、いけそーな気がするー」

 

 

ってな感じです。

 

 

 

 

 

 

そんな余裕をかましながら、

 

内回りコースへの分岐点を通過。

 

 

 

 

 

 

景色も変わり、距離も短い。

 

ますます余裕…

 

 

 

 

という気持ちは、直ぐにバッサリ折られます。

 

 

 

 

 

 

坂道。

 

しかも、急。

 

 

 

 

 

いやいや。

 

これを内回りコースに選定しちゃダメでしょ。

 

 

 

 

1キロ短いって、確かにそうだけど、

 

実質、厳しくなってんじゃないの!!?

 

 

 

 

 

とは言いながらも、頑張ってゴール。

 

 

 

 

 

 

【4周目】

 

このころから、だんだん気温が下がってきます。

 

 

そんな中で休憩を10分もとれば、

 

筋肉が固まり、歩き出してもペースが上がりません。

 

 

 

 

それでも、何とか4週目を終えれば、

 

またまた腹ごしらえのお時間です。

 

 

 

 

晩御飯は「おにぎりと豚汁」

 

 

 

疲れ切った体に染み渡る、じっくり煮込まれた豚汁に、

 

体も暖まります。

 

 

 

食事をしながら、周りを見渡すと、

 

開会式で見かけた、なぞの短パンのおじさんを発見。

 

 

 

 

その姿は、ジャケットも脱ぎ去り、

 

Tシャツと短パン(ひざ上20センチ)。

 

さらに、開会式で見かけたとおりのビーサン。

 

 

 

 

 

 

私:寒くないですか?

 

 

 

 

思い切って話しかけてみると…

  

 

 

おじさん:ぜんぜん平気だよ。むしろ熱いくらい。

 

 

 

 

 

私:ってか、そのサンダルで歩いてるんですか?

 

 

 おじさん:うん。これで歩くのに慣れちゃって…

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

言っていることはまったく理解できませんが

 

聞けば、ウォーキング大会の常連さんらしい。

 

 

 

 

 

毎回、短パン、ビーサンで、100キロしっかり完歩する

 

仙人みたいな御仁とか。

 

 

 

 

 

へぇぇ…と感心しているところに、

 

すごい勢いで歩いて帰ってきた女性。

 

 

 

 

休憩も取らずに、すぐに次の周回に向かおうとしています。

 

 

 

仲間らしき人に呼び止められたその女性が大きい声で言いました。

 

 

 

 

いま、調子が良いから早く行きましょうよ。

 

あと3周で終わりなんだから!!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

あと3周って。。。

 

 

自分たち、あと5周あるよ?

 

 

 

 

思わず、自分のゼッケンのチェックの数を見ながら、

 

 

 

 

 

 

マジで??

 

 

 

 

 

と、大きな声が…。

 

 

 

 

 

 

それを聞いた、スタッフさんにニコニコされる私…。

 

 

 

 

 

 

 

ですよね。

 

 

そんな人もいますよね。

 

 

 

 

 

ちょっと凹みながら、

 

3つのおにぎりで凸ったお腹を抱えながら、5週目に…

 

 

 

 

 

 

【5周目~6週目】

 

5週目も何とか終えて、時刻は…

 

 

もう覚えていません。。。

 

 

 

 

そこに、なんとも言えない情報が…

 

 

 

 

この大会に誘ってくれた〇〇社長が、

 

まさかのリタイア…。

 

 

 

 

 

 

ウソでしょ?

 

 

 

 

 

打倒、〇〇社長はどうするの?

 

去年完歩したのに、早くない??

 

 

 

ってか、あの新品のステッキ、まだ使ってないでしょ…

 

 

 

 

 

 

 

あまりの衝撃に、笑けてきます。。

 

 

 

 

 

 

一つの目標を失った自分たち。

 

そして、あたりは真っ暗。

 

 

 

 

 

頼りは、用意していた手元灯だけ。

 

 

 

 

 

 

歩いて、

 

 

 

歩いて、

 

 

 

歩いて、

 

 

 

 

無言。。。

 

 

 

 

 

 

一緒に歩いている大崎社長も、

 

 

いつしか数百メートル先に。

 

 

 

 

 

 

 

ひとり。

 

 

 

そりゃ、無言です。

 

 

 

 

 

 

でも、そういう意味じゃなくて、

 

無言なんです。

 

 

 

 

 

 

【7周目】

 

いい加減、限界が近づいてきました。

 

 

 

休んでも、筋肉が硬くなるだけ。

 

でも、休みたい。

 

 

 

もうちょっと、横になっていたい。

 

このまま目を閉じてしまいたい。

 

 

 

 

そんな邪な気持ちも、生まれてきます。

 

 

 

 

6周目、10分遅れで本部に戻った私。

 

10分前に本部に戻った大崎社長。

 

 

 

 

 

私が5分ほど休んだところで、

 

 

 

「ほな、行こか!」と大崎社長。

 

 

 

 

 

いやいや…

 

社長が休んだ10分、オレまだ休めてないからね…

 

 

 

 

 

休むと余計辛くなるから…

 

と大崎社長は言うけれど。。。

 

 

 

 

 

それは、わかりますけど…。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、一人になったら、

 

リスタートする気になれない自分もいて。。。

 

 

 

 

7週目に突入です。

 

 

 

 

ここからは、一緒に歩く仲間が増えました。

 

 

先にまさかのリタイア劇を見せた社長の会社のスタッフさん。

 

 

 

 

一緒に歩いてたもう一人のスタッフさんもリタイアしたらしく、

 

真っ暗闇に女性一人は危険…

 

 

 

 

 

ということで、合流。

 

 

 

 

 

20歳。

 

元陸上部。

 

 

 

 

こちら、筋肉の限界を迎えた、運動不足の中年2人。

 

 

 

 

 

逆に、大丈夫??

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな気持ちを吹き飛ばすように、

 

いきなり大崎社長のペースが上がります。

 

 

 

 

 

聞けば、合流した女の子は周回遅れ。

 

ペースを落として歩くと、その子が時間切れになってしまうかも…と。

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど…

 

 

気持ちはわかりますよ。

 

 

 

 

 

でもね。

 

 

 

 

こちらも、結構キテますよ。

 

 

 

 

 

そのペース、2周目の時と同じじゃん…。

 

 

 

 

 

そんな無理しなくても…

 

 

 

 

 

そんな弱~い気持ちから、こんな言葉も漏れてきます。

 

 

 

 

 

「ちょっと、早くないですか?」

 

 

 

「休憩しないですか?」

 

 

 

 

 

見事に却下。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですよね。

 

 

 

 

わかりましたよ。

 

 

 

 

 

とは言っても、下半身の痛みはピークに達しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、あれを飲むしかない…。

 

 

 

できれば、飲みたくなかった。

 

 

 

 

 

でも、飲まないとやってられない!!

 

 

 

 

 

そんな気分で、7周目残り3キロくらいの地点で、

 

飲んでみました。

 

 

 

 

 

 

「ロキソニン」(痛み止め)

 

 

 

 

 

 

それは、純粋な100キロウォーカーからすれば、

 

ただのドーピングなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

でも、飲みました。

 

 

 

邪道かもしれませんが、飲みました。

 

 

 

 

 

 

 

効きました。

 

 

 

 

信じられないくらいに、効きました。

 

 

 

 

 

 

ドラゴンボールで、カリン様がくれる「仙豆」のように、

 

 

おどろくほどに、痛みが消えました。

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、猛烈に歩けます。

 

 

 

 

あの坂道だって、スイスイです。

 

 

 

マリオがスターをとった時みたいになりました。

 

 

 

 

 

 

ロキソニンを飲んでいない大崎社長は、

 

坂道でペースダウン。

 

 

 

 

 

その脇をぬって、自分はぐんぐん飛ばしていきました。

 

 

 

 

 

 

もう、無敵状態。

 

 

完歩間違いなし!

 

 

 

 

そんな気分になりました。

 

 

 

 

 

 

 

【8周目】

 

痛みが消え、歩ける自分がうれしくて、

 

元気になった私。

 

 

 

 

 

10分ほど遅れて、大崎社長到着。

 

 

 

 

 

 

私のあまりの復活ぶりに、

 

大崎社長もすぐにロキソニン投口。

 

 

 

 

 

 

休憩はほどほどに、8週目に突中。

 

 

 

 

 

 

 

痛みがなくなった、自分たちは最強でした。

 

 

 

 

これまでのどの周回よりも最速のペース。

 

 

 

 

 

 

あとは、ロキソニンがどこまで持ちこたえてくれるか…

 

 

 

 

 

 

 

でも、切れたらまた飲めばいいや…

 

 

※薬剤師さんからは、続けて飲むときは、

4時間おいてくださいと説明を受けていましたが…。

 

 

 

 

 

そんな気持ちで、ぐんぐん進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして迎えた、前周回でロキソニンを飲んだあたり。

 

  

それは、ちょうど坂道に差し掛かるところ。

 

 

 

 

 

 

まだ痛み止めが効いている大崎社長は、

 

 

ぐいぐい進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

ここで、切れたらやばいな…

 

 

 

 

 

そんな気持ちで、ちょっと早いけど、

 

ロキソニンをもう1錠。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

効きませんでした。

 

 

 

 

 

痛みがじわじわとノックし始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこは坂道。

 

 

 

 

登れません。

 

 

 

 

 

仮に登ったとしても、

 

 

下りがもっとキツイって知ってますから…。

 

 

 

 

 

 

 

 

眠さもピーク。

 

 

 

 

意識も、もうろうとしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

ちいさな街灯は、すべて人に見えます。

 

 

 

 トンネルの前には、誰かが手を振ってくれています。

 

 

 

 

木々がガンダムの量産型ザクに見えます。

 

 

 

 

電線の上に、スターウォーズのストームトルーパーが

座っています。

 

 

 

 

 

もう、何が何だか…

 

 

 

 

 

 

眠い目をこすり

 

足を引きずり、

 

 

 

 

限界よろしく…な感じで、

 

何とか8周目を終えます。

 

 

 

 

 

 

 

【最終周】

 

8周目を終えて大会本部に戻ると、

 

周回遅れの小笠原さんと三谷さんの姿が。

 

 

 

 

 

どうやら、福井さんは勇気ある決断をした模様。

 

 

 

 

 

 

残り1週を、4人でスタート。

 

 

 

 

 

空も白みはじめた、AM5時30分。

 

 

 

 

タイムリミットまで8時間。

 

 

 

 

 

残り1周なので、時間的には余裕があるので、

 

ゆっくりペースで。

 

 

 

 

 

 

完歩というゴールも見え、

 

会話をしながら、ゆっくりながらも順調に歩を進めた

 

残り5キロ地点。

 

 

 

 

 

 

地元の優しいお母さん(スタッフではない)と出会いました。

 

 

 

 

 

 

道すがら応援してくれたと思いきや、

その5分後。

 

 

 

 

 

猛烈なスピードで、自転車で追いかけてきてくれたのです。

 

 

 

 

 

 

「ココア飲みなさい」と…

 

 

 

 

 

 

まさかの優しさに、全員歩を止めて、

 

そのお母さんが入れてくれるココアで談笑。

 

 

 

 

 

 

その間、およそ10分くらいだったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしいココアのお母さんに手を振り、

 

歩き出そうとした、その時。

 

 

 

 

 

 

すでに、筋肉が固まっていました。。。

 

 

 

 

 

 

まったく、足が前に出ません。

 

 

 

 

 

この先には、まだあの坂が待ち受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからが、本当の戦いでした。

 

 

 

 

 

ゴールが見えたと思って気を緩めたせいなのか?

 

ココアに舌鼓をうった時間の影響か?

 

 

 

 

 

 

もう1周ある、小笠原さんと三谷さんには、

先に行ってもらい、

 

 

 

同じ症状に苦しむ大崎社長と、

最後の無言の時間が始まりました。

 

 

 

 

 

痛みはピーク。

 

 

でも、あと少しで完歩。

 

 

 

 

 

 

ここからは根性です。

 

 

 

 

 

 

歩いては休み。

 

 

 

 

歩いては休み。

 

 

 

 

 

 

効いてもいないロキソニンが、

 

効いていると思い込ませながら。。。

 

 

 

 

 

 

 

坂道で、大崎社長も限界ギリギリ。

 

 

 

 

 

 

徐々に、私との距離が離れていきます。

 

 

 

 

 

休んで、

 

 

 

歩いて、

 

 

 

登って、

 

 

 

下って…

 

 

 

 

 

 

 

完歩まで残り1キロ地点だったと思います。

 

 

 

 

前から見覚えのある人が自転車で向かってきます。

 

 

 

 

 

熟睡した後の起き抜けな感じながらも、

 

満面の笑顔。

 

 

 

 

 

そうです。

 

私たちを、この過酷なレースに誘いこみながらも、

 

早々にリタイアを決めた〇〇社長です。

 

 

 

 

 

 

 

まさかのリタイア…どうしたんですか?

 

 

と聞くと、

 

 

 

 

 

あのステッキ振ってたら、

 

上半身まで筋肉痛になってきたって…

 

 

 

 

 

 

もう笑うしかありません。

 

 

 

 

 

 

まだ後ろに大崎社長がいることを伝え、

 

笑ったおかげで、ほんの少しだけ元気になりながら、

 

歩を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから20分後くらいでしょうか。

 

 

時刻は、AM9時くらいだったと思います。

 

 

 

 

 

ようやく完歩!!

 

 

 

 

 

 

 

それから20分後くらいに大崎社長が完歩。

 

 

 

 

小笠原さんと三谷さんも、その1時間後くらいに完歩。

 

 

 

 

 

 

 

参加5人中、4人が完歩という快挙となりました。

 

 

 

 

 

 

全参加者およそ75名中、完歩したのは30名くらい。

 

 

 

そのうち、100キロ常連者をのぞけば、 

 

素人で完歩したのは、15名ほどじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

そう考えると、全員初出場のタイセイホームの完歩率、

 

すごいですよね!?

 

 

 

 

 

 

 

今回の100キロウォーキング、

 

 

本当にチャレンジしてよかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それは、参加した全員が口をそろえて言います。

 

 

 

 

 

それは、完歩できたから…ということだけではなく、

 

色んなことを考えさせられる時間だったからです。

 

 

 

 

 

限界にチャレンジすること

 

 

皆が同じ目標に向かって研鑽したこと

 

 

練習が実を結んだこと

 

 

ひとりでは、きっと完歩できなかったであろうこと 

 

 

たくさんの優しさに触れあえたこと

 

 

 

 

 

 などなど。

 

 

 

 

 

本当に、多くの人たちへの感謝を

 

身をもって知らしめられたチャレンジとなりました。

 

 

 

 

 

 

来年は、タイセイホーム全員で参加??

 

 

 

なんて話も出ています。

 

 

 

 

 

 

 

長い記事に、最後までお付き合いいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

よろしければ、皆さんも、

 

100キロウォーキングにチャレンジしてみては?

 

 

 

 

 

 

 

日々、感じられない、

 

感謝や達成感、充実感を味わえることは、

 

間違いありません。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

 

まともに歩けないほどの猛烈な筋肉痛が、

 

数日間、下半身を襲うこともお約束します(笑)

 

 

 

 

 

 

Copyright ©TAISEI HOME. All rights reserved.