高知県の新築・注文住宅・自然素材の家・オーダーメイドキッチン・インテリアショップ | タイセイホーム

HOME > 未分類 > 職人File Vol.7 「次の人が良い仕事ができるように」

職人File Vol.7 「次の人が良い仕事ができるように」

2014-03-02

 

 

サイディング・防水工事 岡本久裕

年齢:39歳

 

DSC_0739_05軽

 

 

19歳から父の元で修業を始めた岡本氏。手に職をつけ、磨き上げてきた。

その後独立し、自分の会社「岡本外装」を立ち上げた。

外装の仕事の魅力は、なんといっても家が家らしい形になっていくこと。

四角い長方形の家なら作業もやりやすいが、凝った形の家になると、腕がものをいう。

美しく堅牢な外壁に仕上げることが岡本氏の仕事だ。

 

DSC_0730_04軽

 

 

内外ともに塗り壁が標準仕様となっているタイセイホームの現場では、

下地用のパネルを貼るのが主な仕事。表からは見えない部分で、仕事の跡は残らない。

しかし、左官によい壁を塗ってもらうために、「しっかりと妥協のない仕事をする」と決めている。

 

DSC_0714_03軽

 

 

作業をするのは、若手の職人と岡本氏の二人。

彼が切ったパネルを岡本氏が手際よく貼っていく。あうんの呼吸で作業が進む。

サイズを測る、切る、貼るという工程は、どれも誤差なく進めなくてはならない作業。

緻密な仕事をするために、コミュニケーションを大事にしている。

「一番は、丁寧にやること」。静かな口調に力がこもる。

 

DSC_0692_01軽

 

 

また、サイディングは新しい材料や工法が次々に登場するため、勉強も欠かせない。

メーカーから資料を取り寄せたり、インターネットで調べたり、

コツコツと勉強を重ね、経験を積んでいくことが大事だと考えている。

 

DSC_0709_02軽 

20代、仕事をやり始めた頃は、一日の仕事を粛々とこなすのが日課だったという岡本氏。

阪神大震災を機に、「家をつくる」ということの重みを知った。

駆けつけた被災地の現場では、家をなくし、元気をなくした人がたくさんいた。

この家に住む人の顔を思い浮かべ、一日でも早く仕上げたいと昼夜なく働いた。

今でもやはり、お客様の笑顔がやりがいになっている。

喜んでもらえる家をつくるために、長く住んでもらえる家をつくるために、

確実な仕事をしたいという岡本氏。

職人の腕とセンス、心意気が光る。

Copyright ©TAISEI HOME. All rights reserved.