高知県の新築・注文住宅・自然素材の家・オーダーメイドキッチン・インテリアショップ | タイセイホーム

HOME > 設計士 > 川口 恵里奈 > 北欧の旅日記 ~グッチ編~

北欧の旅日記 ~グッチ編~

2013-07-27

こんにちは、

グッチこと 川口です^^

 

 

暑い日が続きますね(^_^;)

 

 

1日の中で室内に居る時間の方が長いですが、 

最近はアイスコーヒーよりもポカリやお茶をよく飲んで水分補給をしています~。

 

 

昨日の社長のブログにもあったように 

先日の北欧デザイン研修の様子を今日からご紹介していくのですが 

 

 

肌で感じてきたものを上手にお伝えできるのか 

 なんだか、ほんの少しのプレッシャーを社長ブログから感じましたが・・・。 

 

 

あまり気にせず、参りたいと思います(^O^)

長くなりそうですが、お付き合いくださいませ。

 

 

では、旅日記はじまりまーす。

 

 

まずは、自然素材とオーダーメイドの家づくりをしている会社の

スタッフさんたちと成田空港で合流。                                                                               

 

                                                                                                     

ヘルシンキ到着~♪

ヘルシンキ到着~♪

今回一緒に旅をする、仲間たちです。

 

                                                                                                          

  成田空港を11時に出発し、約10時間のフライトを経て                                                                   

フィンランドのヘルシンキ に到着しました(^^♪                                                                

 

 

日本との時差は、6時間。

フィンランドは、日が長く 日没は22時頃。

朝は3時30頃から太陽が昇ってくるんですよ~。                                                                         

時差ボケもへっちゃらです。

時差ボケもへっちゃらです。

 日本では空が真っ暗な時間でも外は明るくて、ちょっと不思議な感覚でした (‘_’)

 

 

ヘルシンキ1日目は、とても気持ちよく目覚めました!

 お洒落な雰囲気の食堂で食べる朝食は、とっても美味しい~^^

ステンドのランプも気になりました。 

 

 朝ごはん気になる照明

 

せっかくのヘルシンキ!

早起きしたので、集合時間までちょいと散策♪♪

いいお天気です

いいお天気です

 

 

 

 

                                                                                         

新鮮なベリーたち

新鮮なベリーたち

 

港では、たくさんテントの列が並んで                    

毎朝、朝市をしています。

 新鮮なベリー、焼きたてのパン、手作りの小物たち。

こういうのって本当にわくわくしますよね(*^^*)

北欧のイメージ通り、カモメがたくさん飛んでいました。                                                                           

  

                                                                                                       

朝市のカフェスタイル

朝市のカフェスタイル

                                                                             

そして、フィンランドでは至るところでムーミンやマリメッコを見かけます。

そんなところからも、テンションがどんどん上がります。

 

 

街全体がお洒落で素敵です。

アスファルトでなくて石畳みなところがまたいいですよね~。

趣があってカラフルな街並みの雰囲気を出していました。

 

                                                                                                      

ヘルシンキ市内には、有名な建築物がいくつか建てられています。 

 

                                                                                                          

まずは、大聖堂。                                                                                                 

カール・エンゲルさんが建設した

ネオクラシック建築のルター派の教会です。                                                                                        

 

大聖堂

大聖堂

                                                                                        DSCF6640

太い柱が印象的

太い柱が印象的

                                                                                         

学生時代にルター派とか習ったなぁ。 

この大聖堂は他の教会と比べると、とてもシンプルなデザイン。  

シンプル イズ ベスト を理想としているようです。 

白い外壁の色がとてもまぶしく、金色と緑色の縁取りであっさりとしたデザインとよくマッチしていました。

 

 

場所を移動して、ウスペンスキン寺院。    

 

ウスペンキ寺院

ウスペンキ寺院

                   

 

1860年にロシアの教会建築家が建てました。

寺院といっているので、お寺なのかなと思いましたが違うようで、要は教会です。

 ソビエト連邦ではなかった国の中で、1番大きい教会だったようです。

 

 

 

ロックチャーチ(石の教会)こと テンペリアウキ教会。

 

テンペリアウキ教会

テンペリアウキ教会

                     

 

 大きな石(岩?)を爆発させて、くり抜いてつくりました。

中に入ると、天井から差す日の光も合わさって幻想的。 

 壁面は形を加工などせずに、岩そのままの状態でで使っています。

天井は銅板とガラスで出来ていますが、石の美しさを初めて感じたような気がします。                                                     気になる1枚

 

 

ここで、ヘルシンキを離れ、ポルヴォーへ。

 

 

フィンランドで2番目に古い街で人口は5万人くらいしかいません。                                                               P1090399

中世のパステルカラーの木造建築物が残る旧市街です。

 

 

今や街自体が観光地化し、これから家を建築したり、古いお家を補修するのにも

外壁の色や指定の補修の仕方など決まっているようです。                                                                                              

                                                                                                        P1090444              

 

古い良いものを残していく。

人が住んでいる街並みなんかは、残していくということが難しいと思いますが、

住んでいる人々が気を付けているのかとてもきれいな状態で残っていました。

                                                                                                          

P1090386          P1090435 

 

ポルヴォーの教会はドイツの職人さんが建築。

                                     

教会

                                              こんな屋根してました

       

結婚式を挙げる教会として有名で

なんといっても、大きな屋根が目を惹きます。

以前、この屋根は若者のいたずらで燃えてしまったようです。

 

 

♪ この日のランチは、こんな感じ。

 

カップがマリメッコ

カップがmarimekko**

                        

 

味付けは、日本人の口にも合うものが多かったので

お料理を美味しく食べることが出来て、しあわせでした**

 

 

古い建物をじっくりと視察したあとは、

陶器のブランド イッタラ&アラビアのショップへ。

 

ショップ入口のアプローチ

ショップ入口のアプローチ

 

 

 

 

 

 

ハイセンスな食器たちが並んでいました。

 日本のインテリアショップでも見かけますね。

インテリアや雑貨、北欧デザイン自体がそうですが

やはりホワイト基調にカラフルカラーの物が多いな~。                                                                         

福井さんスピーチ

福井さんスピーチ

 

 

この日の夕食は、旅の仲間たちと一緒に美味しく頂きました(*^_^*)

同じような家づくりをしているスタッフさんばかりなのでお互いに情報交換したり、

仕事のことなどをお話する時間はとても有意義でした。

教えてもらうことが多くあり、とても楽しいです。

 

 

外国の歴史ある建物やお家、デザイン、インテリアなどに                                                                   

山本さんスピーチ

山本さんスピーチ

こんなにも触れることが出来るのは、滅多に出来る経験ではありません。

 

 

また、たくさんの先輩方の視点は私にはないものばかりで

そういう点でも新たな発見がありました。

 

P1090384

                  P1090375

 

カラフルな住宅ばかりなのかなぁと思っていましたが

意外にもモダンでかっこいいお家を見ることができました。

これからのお家づくりでの大きな財産になりました。

 

P1090387

                  P1090397

 

 

 

 

今回の研修に、連れていってくださった社長さま。

快く行かせてくれたスタッフのみなさん。

不在の間、ご不便をお掛けしましたオーナーさま。

本当にありがとうございました。(;_;)/~~~                                                                             P1090390

 

この貴重な経験を、知識と自信とこれからのお家づくりに繋げていきます。

もっともっと良い家づくりができるように精進します。

ありがとうございました。

 

 

この続きは、情熱山ちゃんがレポートしてくれるので

みなさん、お楽しみに♪♪♪

Copyright ©TAISEI HOME. All rights reserved.