高知県の新築・注文住宅・自然素材の家・オーダーメイドキッチン・インテリアショップ | タイセイホーム

HOME > イエナビ > 山本 純也 > 『北欧の旅日記 ~世界の山ちゃん編~前編』

『北欧の旅日記 ~世界の山ちゃん編~前編』

2013-08-19

IMG_063720130806-075235.jpg
①(フィンランド・ヘルシンキの街) 綺麗でしょ~!!                   ②(フィンランド空港到~着 まず…社長をパチリ)  

 

毎日暑い日が続きますねぇ…ε-(´∀`; )                            

 

アイスクリームの様にとけちゃってないですか?

 

 

こんにちは…日曜日より少しずれちゃいましたが、またまた山ちゃんの登場です。(≧∇≦)

 

 

さて、今日のブログの内容はと言うと…前回ブログで告知していました世界に飛び立つ『北欧の旅日記〜世界の山ちゃん編』をご報告したいと思います。

 

はじまり~はじまり~!! 

 

そうなんです。実は私、入社4年目にして本来コーディネーターさんが色々な国へ知識を得る為に行く海外研修に連れて行ってもらうことになったんです。

 

そして先月…7月15日から7月 22日までの8日間、川口・福井・社長と、ともにフィンランドのヘルシンキとデンマークのコペンハーゲンへ行ってきたんです。・・・・ワアオ~すごいでしょう!!

 

おっと!…その前に皆様にお礼とお詫びを言っとかないと駄目でしたね。 f^_^;)

 

 

もとい…旅行中はタイセイファミリーのオーナーの皆様、そして勉強や打ち合わせに来られていますご家族の皆様には大変…ご迷惑をかけましたが、お陰様で8日間…なかなか日頃は経験の出来ない貴重な研修をさせて頂いたこと…改めてお礼を申し上げたいと思います。

 

 

そして…今回この貴重な旅行に連れて行ってくれました…社長‼ そして8日間という長い間、留守番をしてくれましたスタッフや業者の皆さん!!

 

        『本当にありがとございました。m(_ _)m 』

 

 

さて…本題の私が見てきた北欧(フィンランドヘルシンキ)のお話をしていきましょう。

 

Facebookで現地のホテルから投稿をしていたのを見てくれた方もいらっしゃると思いますが、私はフィンランドのヘルシンキ…滞在2日目のヒュヴィンカーという街にある住宅展示場を視察させて頂いたことを前編・後編、2回に分けてお話ししたいと思います。

 

 

その前に”フィンランド”ってどんな国?正直…私も現地へ行くまでは、全く想像もつきませんでした。

 

う~ん…現地へ到着して思ったことは…まず空が青々していて空気が澄みきっていて…とても清々しく気持ちがいい感じ!!

 

日本の気候でいくと3月~4月前半ぐらいの気温で、ほんとに過ごし易い季節でした。

 

そして、やっぱり一番驚いたことは…日中がとにかく長いこと。

 

っていうか日本でいう夜らしい夜は全くなく、夜中の12時になっても全然…明るい状態。例えで言えば夜中の12時で日本の夕方の6時ぐらいの感じが一番近いかな?

 

とにかく、ホテルで寝ようと思っても外が明るいもんだから遮光カーテンをしてもなかなか寝付けなかった感覚があります。(※実際は、ベットに入ったら、ものの30秒も経たないうちに爆睡していたという説もありますが…苦笑)

 

 

さて…そんなフィンランドヘルシンキは…人口約500万人。国の大きさと言えば日本の国土の約80%の大きさらしいです。

 

 

国全体のうち湖が10%森が20%で囲まれた大変、自然に囲まれたきれいな街並み。国の経済は 大学院卒業後の初任給の平均相場は個人差によって非常な落差があるとのことですが平均して約2000ユーロ〜3000ユーロ。日本円に換算すると25万円〜40万円位が相場とのことです。

 

 

日本の経済と比べ収入部分は多い様にも感じますが、そのうち半分ぐらいが税金として引かれるので実質は日本の大卒初任給より少し多いぐらいとの事でした。

 

 

基本的には夫婦共働と言うのが当たり前らしく、日本でもここ最近…皆さんが気になっている消費税のほうはフィンランドでは約24%という高い税金を納めているとのことです。

 

 

約?・・・24%というのは…日本と違って一律に消費税が決まっているのではなく、商品によって税率が違うらしく高いものであれば26%。安いものでも23%と個々の商品によって税率が違うみたいです。

 

 

 

しかし…この高い税金を国民が納めているので、人口の少ないフィンランドでも教育費については大学院までは学費はかからないと言う形になっているみたいです。だから勉強しないと良いところには就職できないし、学費を捨てている様なもんだから・・・もったいないと言う感覚なんでしょうね。皆さん大学に行くそうです。だから国全体の学力レベルは非常に高いんです。

 

 

 

これは、私自身の考え方なんですけどね。今…日本でも来年の4月から消費税3%上がる事について反対だの言っているじゃないですか?どのみち子供達が大きくなれば教育費にも大きい負担がかかる訳じゃないですか?だったらフィンランドのようにさっさと消費税を上げて逆に教育費や医療費をかからない様にしてくれた方が親としてはありがたいような気がするんですよね。

 

 

お子さんのいらっしゃる皆さんはどう思います?あっ‼すみません f^_^;)・・・話がだいぶそれちゃいましたね。

 

 

本題に戻しましょう。 まっ‼とにかくフィンランドの四日間の生活は?う〜んε-(´∀`; ) 結構…物価が高いイメージだったかな?

 

 

日本でジュースを買えば120円〜150円のところを…向こうでは約400円~500円近い価格。だからランチとかでちょっとしたところにご飯を食べに行っても平均で2000円〜3000円位はすぐ使っちゃうような感じでした。

 

 

これだけ物価の高いフィンランドですから住宅の方もそれなりの価格ではないのかな?と思いましたが、ヘルシンキ郊外で一般的に多いのはだいたい3000万円台。

 

 

しかし…ヘルシンキの中心部や立地条件の良い場所になってくると分譲マンションでも数億という物件は普通にあるそうです。向こうの不動産情報も見させてもらいましたが…高いところでは8000ユーロ/㎡=約100万円 日本の解りやすい表現で言えば約330万円/坪って言うからビックリ。

 

 

ですから日本の私達の金銭感覚とフィンランドとの金銭感覚は少し違う様で約億円というマンション普通に売られていることに・・・『世界はやっぱり広いんだなぁ~』と世界に飛び立つ山ちゃんは思うのでありました・・・∑(゚Д゚)

 

次回・・・『北欧の旅日記 ~世界の山ちゃん編~後編』ヒュヴィンカーの住宅展示場をお話ししたいと思いますお楽しみに

 

IMG_0648

20130806-075839.jpg

20130806-080018.jpgIMG_0650
IMG_0654
20130806-080205.jpg

20130806-080321.jpg

20130806-080135.jpg (ヒュヴィンカーの住宅展示場の入り口・・・凄い人の数!!)

次回は・・・ヒュヴィンカーの住宅展示場のお家をご紹介しま~す。 オシャレな家!! 一挙公開しま~す。

Copyright ©TAISEI HOME. All rights reserved.