高知県の新築・注文住宅・自然素材の家・オーダーメイドキッチン・インテリアショップ | タイセイホーム

HOME > 社長のブログ > ミャンマーに行ってきました。

ミャンマーに行ってきました。

2013-09-14

 

ご無沙汰です。(*^_^*)

ミャンマー空港でビザ申請。

ミャンマー空港でビザ申請。

 

 

 

え~。

 

まさか、まさかのミャンマーに行ってきました。

 

何度も言いますけど、

まさか自分がミャンマーに行くことになるとはね。(*^_^*)

写真左が坂井さん。

写真左が坂井さん。

 

 

いや~、でもスゴイ経験をさせていただきました。

 

 

 

 

なぜミャンマーへ行くことになったかと言うと...

ミャンマーの首都ヤンゴンの市街地にて。とにかくこの日は暑かった。(>_<)ちなみに手前にいる人はミャンマー人ではありません。日本人です。(笑)

ミャンマーの首都ヤンゴンの市街地にて。とにかくこの日は暑かった。(>_<)ちなみに手前にいる人はミャンマー人ではありません。日本人です。(笑)

 

 

大分県に坂井建設という会社があります。

 

私たちと同じ住宅会社なんですが、そこの代表が坂井社長。

 

 

最近、県外の建築関係の部材とかを販売にくる人達が

私になぜか坂井さんを会わせよう会わせようとするんですね。

坂井さんの会社にて。なんと、芸能事務所もつくっていました。

坂井さんの会社にて。なんと、芸能事務所もつくっていました。

 

だから、坂井さんとよほどの縁があるのかな...と。

 

それで、私の埼玉の知り合いであるコビちゃんに

電話で坂井さんのことをたまたま話すると、

なんとコビちゃんも坂井さんのことを知っていると...。

 

そんなわけで、コビちゃんが電話をしてくれて、

坂井さんと東京で会うことになったわけです。

 

縁ってあるんですね~。

首都ヤンゴンを車で少しは知るとこんな感じ。

首都ヤンゴンを車で少しは知るとこんな感じ。

 

 

 

この坂井さん。

 

私たちと同じ住宅会社で

同じくらいの棟数を建てている会社さんなんですが、

どこか他の社長さんと違う。

 

恰好は半袖半パンでフリーターみたいな人。

この集落も不法滞在者の集まりみたい。湿地帯に複数の集落が点在しています。

この集落も不法滞在者の集まりみたい。湿地帯に複数の集落が点在しています。

一目見ただけでは、とてもスゴイ人には見えません。

(すみません、坂井さん。(笑))

 

 

しかし、やっていることはスゴイ。

 

 

大分で住宅会社の他にも複数の会社を経営していて、

さらにミャンマーへ飛び立ってから、たった一年くらいで、

ミャンマーでも複数の会社を経営しています。

 

もしかすると、ミャンマー王になりそうな勢い。(笑)

家は湿地帯なので高床式住居でした。ミャンマー人は良い人が多いので、家もすぐに見せてくれました。

家は湿地帯なので高床式住居でした。ミャンマー人は良い人が多いので、家もすぐに見せてくれました。

 

 

いろいろと話を聞いてみると、

ミャンマーの会社は2人で始めたのだとか...。

 

さらに深く話を聞いていくと、なんと...、

そのもう一人の日本人というのは高知県出身(松川さん)

だと言うではありませんか。

 

それを聞いて、さらにビックリ!

 

まさか、

ミャンマーで高知県出身の人に会えるなんて思いもしないでしょう。IMG_2118

 

高知県出身で、海外で、

しかもミャンマーのような発展途上国に住みついてがんばっている。

そんな話を聞くだけでも、やる気と勇気をもらいました。

 

結局、松川さんとは

ミャンマーで一度しか会えなかったんですが、

大いに話が盛り上がりました。

 

松川さん、また高知で会いましょうね。

不法滞在のはずの集落なのに、学校がしっかりとあったりして...。

不法滞在のはずの集落なのに、学校がしっかりとあったりして...。

 

 

 

さて、このミャンマー。

 

最近、TVでもよく出てくる国のひとつになりましたよね。

 

2年くらい前まで、

軍事政権で内戦が起こっていた国です。

 

アウンサンスーチーさんが自宅軟禁されたりとか、

子どもたちは恥ずかしがり屋で超元気。

子どもたちは恥ずかしがり屋で超元気。

民主主義を訴えた人が政治犯として捉えらりたりとか、

していた国です。

 

 

その国が今、

急激に民主主義の国に変わろうとしている。

 

ということで、

今アジアで最もビジネスチャンスのある国として

脚光を浴び始めたわけです。

 

 

だから、現在のミャンマーはまさにカオス(混沌とした)状態。

バスも大勢で乗り過ぎで、ハコ乗りしている人がやけに多かった(笑)

バスも大勢で乗り過ぎで、ハコ乗りしている人がやけに多かった(笑)

 

世界中の投資家が土地を買いに来たり、

マンションを買ったりしているので、建設バブル状態。

 

坪何円の土地が30万円になったり。

 

ホテルはいつも満室なので、

ホテルの金額も今や一万円くらいと日本並みだったりして。

 

それなのに、一人当りの平均月給は五千円だったり。

鶏もヒヨコも道で放し飼い。

鶏もヒヨコも道で放し飼い。

 

おかしいでしょう。(>_<)

 

 

 

だから、ほとんどの人が家なんか買えません。

 

それでミャンマーの人がどんなところに住んでるのかというと、

ほとんどの家族が国の土地に勝手に家をつくって住んでいる不法滞在者。

 

さらに、街の中にはストリートチルドレンがいたり...。

ミャンマー料理はまあまあイケました。たぶん、私はどこでも大丈夫なので。(笑)でも、水道の水はどこも薄茶色で飲んだらヤバそう。

ミャンマー料理はまあまあイケました。たぶん、私はどこでも大丈夫なので。(笑)でも、水道の水はどこも薄茶色で飲んだらヤバそう。

 

 

 

でも、日本よりも良いなって感じたことは、

これから成長するぞっていう活気があること。

 

日本も昔そうだったように、

ミャンマーもこれからスゴイ勢いで成長するんでしょうね。

 

 

今はミャンマーの子どもたちも貧しいから、みんな仕事をしています。

ヤンゴンで一番大きいパゴダ(寺院)。私とコビちゃんだけ民族衣装。

ヤンゴンで一番大きいパゴダ(寺院)。私とコビちゃんだけ民族衣装。

日本語や英語を使って、外国人向けに商売をしていたりするんです。

 

しかも、笑顔で明るく、超逞しく。

 

本当に逞しいんですね。

日本の子ども達とは全く違って見えました。

 

 

最初は「可哀想だな~」って思ったんですが、

でもよく考えると、

今から、商売の英才教育をしているようなもの。

 

学校の勉強なんかするより、よほどの英才教育だと思いませんか?

さすが仏教の国。お釈迦様の涅槃像もハンパね~。全長70m、高さ17mもあるんだとか。 みんな「デカッ」を連発!

さすが仏教の国。お釈迦様の涅槃像もハンパね~。全長70m、高さ17mもあるんだとか。
みんな「デカッ」を連発!

 

 

自分の子どもにも、

この逞しいミャンマーの子どもたちを直接見せてあげるのが

一番いいんじゃないか?って感じました。

 

 

滞在日数はたった3日間でしたが、

見るもの全てが新鮮で、

でも、どこか懐かしい感じがするような...

 タイムスリップしたような...

 

とても刺激的な3日間でした。(^^♪

街中で扇子を売っていた子ども。日本語が上手で商売も上手でした。なんでかって言うと、帰り聞いたらみんな同じものを持っていたから。(笑) たぶん、10歳くらいだと思うけど...実にたくましい。

街中で扇子を売っていた子ども。日本語が上手で商売も上手でした。なんでかって言うと、帰りの車で聞いたらみんな同じものを持っていたから。(笑)
たぶん、10歳くらいだと思うけど...いや~実にたくましい。

 

 

 

 

Copyright ©TAISEI HOME. All rights reserved.